1. TOP
  2. ニキビのもとは乾燥だった

ニキビのもとは乾燥だった

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 104 Views

ニキビができ始めたのは中学生の頃です。

肌荒れの軟膏を皮膚科でもらって、肌荒れが治った後も見たことがないようなブツブツができてびっくりしたのを覚えています。

当時はニキビといえばクレアラシルという時代だったので、毎晩塗って寝ましたがさっぱり治らず、途方に暮れたものでした。

皮脂が詰まるとできるという説を信じ込み、洗顔はオイリー肌用でガシガシ洗っていたし化粧水はさっぱりタイプだったので、逆に皮脂をどんどん出して肌が乾燥から守ろうとしているのを根こそぎ取ろうとしているという悪循環でした。

高校生だったか大学生になりたての頃だったか、初めて買ってもらったファッション誌で「乾燥が原因でニキビができることもある」という記事を見つけて、衝撃を受けた私は早速雑誌で紹介されていたヘチマコロンを買いに走り、雑誌の記事通りにコットンに化粧水をたっぷり含ませてニキビエリアに貼り付けるという方法を試しました。

するとなんということか、翌朝のニキビの炎症からくる痛みのような痒みのような熱感のようなものがものすごく減っていて、肌が汚れたと思ったらぬるま湯で洗ってヘチマコロンパックをするようになりました。

歳をとるにつれてヘチマコロンでは乾燥肌を満足させるには足りなくなり、色々なシートパックでとにかく乾燥させないことと、ふわふわの泡で洗顔するようになったら、社会人になってからはニキビという名の吹き出物はほとんど出なくなり、出てもローションパックをすればすぐに治るようになりました。

最近ではあぶらとり紙も使わず、皮脂が出てきてもありがたく守ってもらって、帰宅後にすぐメイクを落としてローションパックをしながら家事をするようにしています。

もしかしたらオイリー肌というものはこの世に存在しないのではないかと思い始めています。

ニキビができたらとにかく保湿をして乳液でフタをするのが大事だと高らかに言いたい気分です。

\ SNSでシェアしよう! /

ニキビ跡の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ニキビ跡の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

taiken

この人が書いた記事  記事一覧

  • どくだみと韓国留学?

  • プロアクティブ

  • 治ったのは、シンプルな方法でした。

  • ピル服用

関連記事

  • どくだみと韓国留学?

  • プロアクティブ

  • NOVでキレイな肌へ

  • 白湯を朝いちと寝る前に飲む

  • ビタミンなどの栄養とストレスをためないことが一番!ニキビができても気にしないこと!

  • ホルモンバランスの変化で肌質改善